2017年03月11日

仕事ネタ  「シルバーウイングのオイル漏れ修理編」

P2283183.JPG


ビッグスクーター、シルバーウイング400の修理↑外装外して、エンジン外した状態です。



     ↓エンジンです。400CC2気筒、スクーターなんで、変速機は、別体です。
  重量約は、約30キロほどじゃないかと思われます。
     単体を、水で洗浄し、分解に取り掛かります。

P2283184.JPG






シリンダーヘッドと、右のクランクケースカバー内の、ステーターコイルが見えます。
P3023187.JPG


  ↓クランクケースを分割します。定期的なオイル交換の効果で、内部は、大変綺麗な
 状態です。
P3023188.JPG


  ↓写真の上の方、丸い穴が、シリンダーです。その横に、ピストンが2つ。

   400ccなので、一個200CCほど。コンロッドが長い気がします。
   ロングストロークなのか?
  クランクシャフト横には、前後に振動を抑えるバランサーシャフトがあります。
  交互に等間隔の点火です。


P3023189.JPG



   ↓別の角度から・・・・。

P3023190.JPG




今回の修理の為の部品、左側のクランクケース、左が新品。
何にも付いてませんので、必要部品を移植して、組み付けます。



P3023191.JPG




  ↓ クランクケース内部より見た所。
 線が見えるところが、割れて、オイル漏れしていました。

P3023193.JPG




     ↓外側、青いマーカーの部分がヒビです。
  2つの穴が、スタンドのブラケットを止めるねじ穴で、
 転倒か何かで、ヒビが入ったと思われます。

P3023194.JPG




無事、組みあがり、納車致しました。


エンジンの分解修理は、面白いですが、車体への載せ降ろしは大変です。





                               つぶやきBy tuka



posted by キットイイ at 18:56| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: